web制作のテキストの書き方

読みやすい平易な文章を書くことが大事

今の時代、インターネットは子どもからお年寄りまで誰もが使うわけですから、web制作をする際にはそうした人たちのことまで考えておかなければいけません。子どもにも分かりやすいように平易で読みやすい文章を書くように心がけるのが基本中の基本です。難しい漢字などは使わなくても、伝えたいことは十分に伝えられるはずです。漢字が多すぎると思ったなら、ひらがなを多用してみてもいいでしょう。工夫をすれば、万人に利用しやすいユーザーフレンドリーなサイトが作り出せます。企業のサイトなら、言葉遣いにも注意をしましょう。おかしな言葉遣いをしてしまうと、企業の看板にまで傷が付いてしまうことがあります。もちろん、間違った情報を掲載することも厳禁です。

テキストサイズにも注意をしよう

お年寄りは小さい文字を読むことができない場合が多いです。視力の弱い方にも不便さを感じさせないよう、テキストサイズを大きくしておくのも悪くはない工夫です。自治体のホームページなどは、文字サイズを三種類の中から選択可能です。企業や個人のサイトにも、そうした工夫が求められる時代なのかもしれません。また、最近はパソコンではなくスマホでネットサーフィンをする人も増えてきています。スマホででも読みやすいかどうかはしっかりと確認しておく必要があるでしょう。優秀な業者にweb制作を依頼すれば、このあたりのこともよく考えた上でデザインを決めてくれます。ちなみに、フォントも読みやすさを重視して選ぶのがベストです。デザインばかりに気を取られて、使いやすさを犠牲にすることがないよう注意しましょう。

自分で作れないwebサイト構築の手順は、最初にホームページ構築の目的を明確にして、作成手順を把握しておけばスムーズに制作を進められます。

© Copyright Website Flexible Builder. All Rights Reserved.