web制作のセキュリティ対策

近年のサイトは重要な個人情報を保存することが少なくない

web制作を行うにあたって、セキュリティを意識することはとても重要です。大昔のホームページの場合、閲覧者がページを通じて自分の情報を入力したり、あるいはサイトに情報を記録するということはほとんどなく、その点でセキュリティはそれほど意識しなくても問題ありませんでした。しかし、現在のホームページは閲覧者が個人情報を登録できることも珍しくなく、セキュリティに不備があると、それらの情報を勝手に閲覧されてしまう可能性があります。
また、ウェブブラウザの進化によって、ページ上に記された複雑なプログラムを実行できるようになっていますが、このことにより、不正なプログラムを埋め込まれて閲覧者のパソコンにウイルスが感染してしまうケースも少なくありません。

CMSを利用する場合はプラグインに要注意

では、具体的にweb制作においてどのようなセキュリティを心がければいいのでしょうか。まず、一番のポイントはサイト制作にCMSを利用するか否かという点です。CMSを利用してサイトを作る場合、プラグインを用いてCMSの機能を拡張することがよくありますが、このプラグインに脆弱性があって、サイトを乗っ取られてしまうことが多いのです。そのため、プラグインの選定は慎重に行うようにしましょう。何年も更新されていないプラグイン、あるいは作られたばかりのプラグインには要注意です。
また、ファイルやフォルダをサーバーにアップロードする場合、どのような権限を付加するのかという点も重要です。データベースのパスワードが書かれているような重要なファイルに、誰でもアクセスできるという権限を付加してしまうと、当然、データベースに保存されている個人情報流出の可能性が高くなってしまいます。

会社にとって顔と言えるホームページはホームページ制作会社に依頼して作って貰うと、値段は高額にはなりますがデザイン性の高いものが出来上がります。

© Copyright Website Flexible Builder. All Rights Reserved.