web制作の画像の選び方

他人の著作権を侵害していないかチェックを!

web制作をする際には、一般に配布されている画像を使わせてもらう機会も多いはずです。その際には、必ず使用条件を確認しておかなければいけません。商用利用が認められているかどうかは特に重要です。企業のホームページはそこから利益を得ていなくても、商用利用に当たると考えるのが普通です。私的利用しか認められていない画像を使うと著作権の侵害になってしまうかもしれません。きちんと条件を確認をした上で使わないと、大きな問題に発展する可能性もゼロではないのです。もちろん、利用可能だと明示されていないネット上の画像を適当に拾ってきて使うのはやめておきましょう。基本的にどんな画像にも著作権者がいて、万が一のときにはクレームを入れられてしまうこととなるからです。

コンセプトに合った画像を選ぶ

ホームページのコンセプトに合わない画像は、いくらいい画像でも使わない方がいいでしょう。適当に画像を選んで埋め込んでいくと、ホームページの統一感が失われてしまう結果にも繋がるからです。画像は情報量が多い分、適当な選び方をしてしまうと悪い影響も顕著に出ます。ホームページの印象までもがそちらに引っ張られると大変なので、掲載前にはコンセプトに合っているか確認するのがベストです。独自にカメラマンを雇ってコンセプトに沿った写真を撮ってきてもらうと、その点で問題は起こりにくくなるのでおすすめです。イラストを使うときにも似たような問題は起こり得ます。統一感という意味においては、複数人にイラストを発注するよりも、一人のイラストレーターにすべての作業をしてもらう方がいいでしょう。

webサイト制作は目的をしっかりと持って行う事が重要です。集客の最大化を図るのか、販売の最大化を図るのかなど目的に合わせてサイト制作を行って行きましょう。

© Copyright Website Flexible Builder. All Rights Reserved.